スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

あおばとゆかいな女子たち♪ 

あおばが今年から通っている幼稚園は地域の公立幼稚園。
だんだんに幼稚園にも慣れて来て、仲良しのお友達も出来て楽しい幼稚園ライフを過しているようです。

この前おうちに遊びに来てくれた仲良しのお友達。
2階で楽しく遊んでいました。
お友達が下に降りてきて私に・・・


「今からあおばちゃんの現実を吟じます。」
「どうぞ。」と私。

「あおばちゃんがアクアビーズで遊んでたら~~~~~~あ~~~~~~あ~~~~~~~」
「足が引っかかってぇ~~~~~~~~~~え~~~~~~え~~~~~え~~~~~~」
「全部ひっくり返したぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~」



「あると思います!!」


スポンサーサイト

[2009/12/24 10:03] green*green* | トラックバック(-) | コメント(-)

もしもどうする男 

ひなたは「もしも○○が△△やったらどうする?」と良く聞いてくる。
内容がピシャリと来るものなら良いが、大体はゆるーくハズレている。

例えば私に怒られてるのに水道の蛇口を指して 
「もしも、その蛇口ひねって火が出たらどうする?」とか言ってみたり
出かける前に今から行く所の説明をしてるのに 「もしも、そこに怪獣おったらどうする?」とか・・・・
私はこのひなたの「どうする?」の話になるとちょっとイラッっとするが本人はいたって大真面目。


この前、おりがみの本を見ながらおりがみを折っていたら分らなかったらしく聞きに来た。
私が「えーっと、こうやってぇ、こうして、こうして、ほんでこうやってぇ、で、こうするねん。」
と教えていたらひなたが・・・



「もしも、おりがみの本の説明が全部こうやって、こうやって、こうしてこう。やったらどうする?」



想像するとおかしくて、思わず吹き出した。



[2009/12/23 22:03] あおばとひなたごろく | トラックバック(-) | コメント(-)

ファンタジーと現実の境界線inひなた 

うちの息子はファンタジーな奴です。
9歳にもなれば、そこ分るよね?ってとこが、どーも分ってない。
世間で起こる凶悪犯罪は妖怪の仕業やと思ってるぐらいやからね。

この前もパパに・・・
「めっちゃ強くて絶対誰にも負けへん子供っておるでなぁ?」とひなた・・・
「そんな子おらん」とパパ。

ひ 「でもスタンク・アラレちゃん居てるやんっ!!」
パ 「それDrスランプやろっ!!ほんでアラレちゃんはマンガやろっ!!」
ひ 「えっ!居るでっ!!」
パ 「おらんわ!アホッ!!」

ひ 「じゃあ、かぐらちゃん居てるやんっ!!」
パ 「それもマンガじゃっ!!アホかっ!!」語気が強くなるパパ・・・

ひ 「ほんじゃ、ドラゴンボールはっ!!」
パ 「だからぁ それもマンガ!!ほんでドラゴンボールってキャラ居てませんからっ!!」




果てしなくアホな会話はつづくのでした・・・・・・・・・・・ハァー




[2009/12/22 12:47] あおばとひなたごろく | トラックバック(-) | コメント(-)

ご無沙汰しております・・・ 

気がつけば長い間更新していませんでした。
またボチボチと独り言の様に綴っていこうと思います。
どうぞ良かったら暇つぶしにでも読んでやって下さい。

ちょっと笑ったり、ちょっとホッとしたり、ちょっと驚いたり・・・
へーーーーーって思いながら読んで頂ければ嬉しいです。


asa



[2009/12/21 09:36] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。