スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

気になる赤いヤツ! 

小さい頃から 赤いのん 気になるんですよ・・・
うちの息子くん。

お外にいっぱいありますよね。 赤いのん。
非常ベルとかぁ~非常停止ボタンとかぁ~AED(緊急時の心臓マッサージの機械)とかぁ~~~~
消火器とかぁ~・・・・・・・・・・


見つけると 吸い込まれる様に 歩いていく。
で、ポチッとしそうになる。
この前はAEDを開けて 出しかけてたし・・・


が、しかし 無駄に私もsunの母を8年している訳では無いのです(自慢) 
生後7ヶ月で多動が始まったsun。
赤ちゃんの多動って どんなんか 分かります?
屋外であろうが 屋内であろうが 関係なく ハイハイでひたすら 徘徊するんです。    
もちろん私の事なんて気に留める事も無いです。 
気を抜くと 見失います。
そうなると ひたすら ペット探すみたいに 名前呼びながら 下ばっかり探さなくてはいけません(笑)


見つけた時には 溝に落ちてたり・・・って事も日常茶飯事です。


そんなだったので 今は大体の事は、回避出来るんです。   私。
sunが何かしそうになると 殺気立つんです。   私。(笑)


なので ポチッてする前に大体止めれる。 体が間に合わなかったら 大声出す。
優しく「ダメよ~」とか言ってたら sunは今までに100回くらい 死んでいる。
最近では 赤いのんsunより先に見つけて 警戒する様にもなってる。
我ながら 凄いと思う(笑)
そらそーよね。 押しちゃったら 大事よ。


で、毎月2回通ってるLDセンター。
そこの駐車場の横にある 非常ボタン。
これも sunは気になってた。

帰る時に おじさんに 駐車券を見せて はんこを押してもらってから 車に乗るのだけど
そのすぐ横に それはある。

初めて 行った時 吸い込まれる様に スーッと指が伸びたので 「押したら アカンでっ!!」
と後ろから 怖い声で言った。
「これ何?」と聞くので 赤いボタンは緊急の時だけっ!!触ってはダメ!! と強く言っておいた。


そして次のLDセンターの日 また押そうと手が伸びていく・・・
仕方ない 仕方ないねん だって sunくんは 忘れんぼうさんなんだから・・・
と自分に言い聞かせてみたが・・・
前も言うたやろ アホ~~~~~~~~~~~ッ!!!って叫び声にかき消され
後ろから 思いっきり 大きく振りかぶった私のおててで 後頭部を



アタッッッッ~~~~~~~~~~~~~~ック!!!!!!!!!!!



痛い→ママ怒ってる→ヤバイ→体が止まる。

小さい頃からの 学習で すっかりこのパターンが出来上がっているsunと私。
ベルを鳴らすのは回避できました。

で、また「これ何?」と聞く。
前より更に詳しく教える。  ついでに前も言ったんですけど?と伝えておく。
「ふーん」と言われる。


で、またまた次のLDセンター。
お約束の様に またボタンを押そうとするsun。
その日は 私はおじさんに駐車券渡して はんこ押してもらって とかやってる時やった。
おじさんに 話しかけられてて sunに声を掛けれない。
手も届かない・・・
でも 足は届いた。
今度はおしりを


キィ~~~~~~~~~~~~~~~~~ックッ!!!!


またまた 回避できました。
で、また「これ何?」  もう嫌や~~~~~~~~~~~~~~~~(泣)


でも 仕方ないから 同じ説明をした。
「とにかく 赤いのは 全部触ったらアカンで! 分かった?」



ちょっと 沈黙の後に・・・
「でも 押すって書いてるで?」



マジで?  だから?  そんで何回も押そうとしてたん?  
聞いてみないと分からんもんです。



「押す」って書いてるけど 「押して♪」とは書いてないやろ!と言ってみた。

そしたら
「じゃあ ママがいつもジュース買ってるのも 赤い丸の中に押すって書いてるやん。 ママ押してるやろ?」

それはそれ これはこれが分かりにくいsunなので この手の話になると非常に面倒くさい。
なんで?なんで?攻めに合う。 

「じゃあ ジュースは良しにしよ。」と苦しい話で強引に終わらせた。(笑)

自販機のボタン。
あれ 「押してぇん♪」とかに 変えてもらわれへんかな~・・・



スポンサーサイト

[2009/01/20 00:51] sun*sun*sun* | トラックバック(-) | コメント(-)

漢字 

sunは文字を体で覚えます。
実際にはどうかは分かりませんが 見てる限りは そんな感じ。

ひらがな カタカナは指でなぞってなんとか書ける様にはなりました。
書くにあたっての いろんなルールはまだまだですが・・・

問題は漢字です。
ひらがなカタカナの覚えだした頃同様 見ても書けない。
読めない。
もちろん 覚えれない。  の、ないない尽くし。 


どうしよか・・・・
やっぱり体で覚えさせるしかないか~・・・
そうなると私も一緒に がんばるしかない。


勉強も大事だけど 学校から帰ってきたら 友達とも遊んで欲しい。
帰ってから 宿題やその他の勉強してたら 遊ぶ時間も無いし・・・

一緒に漢字をやって行くには まず時間が要る。
どう 時間配分させていくか・・・
いろいろ 思案していました。

で、思い切って公文やめる事に。
週に2日もあるし 宿題も毎日ある。
算数はなんとかついて行ってる。
学校の宿題して公文の宿題したらもう時間は無い。

と言う事で決めた。


全力で遊ぶ! 全力で勉強する! です。


学校から帰ってきたら まずは5時まで友達と外で思いっきり遊んで
帰ってから ご飯食べるまでに一緒に勉強する事に決めました。

その事をパパに話したら 公文をやめるのにかなりの抵抗があったようです。
パパにしてみたら このまま算数も国語も出来なくなって おちこぼれて・・・
と考えてしまうと・・・
社会に出ても 可愛そうな姿しか思い描けないと・・・

私は sunには勉強以外の何かを見つけてほしかった。
勉強は 学校が楽しめる程度に出来ていれば良いかと考えてる。
ただ その為にも 苦手意識の強い 漢字は何とかしてあげたいとは思ってました。
勉強以外に自分の自信につながる何かを見つける為の 「漢字」なんです。
そこをクリアーできなかったら 何が人より勝っても sunも 自信が持てない様な気がして・・・

何度も夫婦で話し合って 公文をやめる事に。
約束として ボーダーラインを40点に決めて、それ以下になったらまた 塾に行かせる事にしました。


そうやって始まった 親子のお勉強。
夕方5時になったら 始まります。
2学期の間は とりあえず 宿題の漢字プリントを一文字、一文字 手を持って書いたり。 
漢字に意味を付けたり。
漢字を分解して 歌にしたり。
考えられるやりかた 全てを試していきました。

sunは入力(見る 聞く)も出力(書く 話す)も弱い。
どうやって今まで勉強してきたん?って不思議に思う。

例えば 方角の方って漢字。
この漢字 ドリルだと 画数1の点がその下のはらいとつながっている様に見える。
sunはずっと つながってると思って書いていた。
手を持って 一緒に書くと つながって無い事に気付き
「あ~先生が違うって言ってたのはこの事か~!」
と 呟いていた。
何度も 教えてもらってたのだろうけど 言ってる事が理解出来なかったようです。
改めて 自分が覚えてきた様には覚えれない事を痛感する。
sunの目線まで 降りてやらないとダメだと気付く。

なので いろんなやり方をしても どうしてもsunの中にしっくり落ちて行かない文字もある。
でも 少しづつ 少しづつ 覚えて行ってる そんな手ごたえもあったり・・・
一緒にやって行くうちに 私もsunの事が分かって来た様な気もします。
少し 覚え方が違うだけです。
覚え方を変えれば 覚える事も出来るのです。
そう思うと嬉しかった。
私も一所懸命になってきて、気が付けば sunはゆっくりだけど漢字を覚えていきました。
LDなのに本が好き。って言うのも手伝ったと思います。

2学期最後のテスト。
sunの学校では 月に一度 算数と国語の検定がある。
その 国語のテスト(すべて漢字)で 92点とってきました。

帰って来て開口一番が「ママ~国語のテスト90何点やと思う!!!」
ってその何点を覚えられないのが またsunらしい(笑)

本人も やったった感いっぱいの様子で嬉しそう。
どやっ!って感じです(笑)

いっぱい遊んで いっぱい漢字がんばって 相乗効果?
で算数も 通知表BからAに上がりました。
先生の評価も高かったです。
もちろん 親も 良くがんばったと認めてます。

がしかし 本人の自己評価はまだまだ 低い。
学校で書いた 自分へのメッセージにも「asaへ もっと勉強がんばれ! asaより」だった。
本人が納得していない限り 私はこんなもんで良いと思っていても 付き合ってやって行かないと仕方が無い。
本人が納得行くまで とことん 一緒にがんばるだけです。

sunはLDなのでせっかく覚えた漢字も しばらくすると また出てこなくなったりすると思います。
でも 根気よくやって行きます。
そして 自信を持って「何か」を見つけてほしいですね・・・



















[2009/01/08 11:32] sun*sun*sun* | トラックバック(-) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。